transmorph

performance, video installation, photograph / 2019



collaborated with





「Snuff Labb」
Come inside Snuff Puppets’ studio for a private showing of Snuff Labb, the culmination of our in-house creative training and experimental workshops.
スナッフラボとは、スナッフパペッツのスタジオにて実際の制作現場での最高の制作経験を体験でき、実験的なワークショップです。


This work is a collaboration with snuff puppets of puppets performance group which is based in Melbourne, Australia. I had a workshop of 5 days with local people in a studio of snuff puppets in Melbourne.
I produced the lesson using the mainly Butou and the making object by theirself.
I embodied a past memory not to be able to dispel in a daily change (transmorph) with a body and an art object in a workshop and performed the ceremony that I took them off and left.

"When we took off the past negative memory that was transmorphed to a beautiful figure, we may look at it from far away".

この作品はメルボルンを拠点に活動しているパペットパフォーマンスグループのsnuff puppets(スナッフパペッツ)との共同作品です。メルボルンにあるsnuff puppetsのスタジオにて、現地の人達と5日間のワークショップを行いました。
舞踏を中心とした身体を使ったレッスンと、パペット作りを基本としたオブジェの制作をしました。
日々の変化(transmorph)の中で拭い去れない過去の思い出を、ワークショップの中で身体とオブジェを使い具現化し、それらを脱ぎ去るという儀式を行ないました。

「過去の思い出を美しい姿に変化させ脱ぎ去る時、私達はその抜け殻を遠くから眺める事ができるのでしょう。」

special thanks / special thanks Andy, Andy F, Jo, Sasha, Kathryn, Hugh, Matt, Daniele, Jody, Lauren, Ignats, snuff puppets




Transmorphism trans-mor′fizm 1. n  the evolution of one thing from another.

"Humans like all living beings change on purpose and by accident. Through ageing, disease, nature and experience every living being transmorphs. From the internal workings of our human body to the outside influences of our environment, everything changes. Change is a constant part of human life. Pain, stress and trauma can manifest in mysterious and permanent ways on our bodies and these manifestations make up our embodied reality."  



Transmorph trans-mor′fizm違う形へと変化・発展すること。

私たちは、意図的にも偶然的にも変化をする生き物である。 年を取ること、病気、自然、毎日生活を通して、違う形へ日々変化する事を体験している。内側におこる変化から環境といった外側からの影響による変化。すべては変化しているのだ。変化する事は人間の人生の一部であると言えるだろう。 また痛み、ストレス、トラウマは不可解であり、体へ永久的に残りる続ける事もある。しかし、これらの事が具現化したリアリティを生み出す。

hypermetaboly

photograph / 2019


hypermetaboly : A shape is remarkable, and an insect metamorphose to the change of the lifestyle between the larva period

In the days of 29 years old, I did not have social experience in Japan at all.
I wanted to know and came to want to experience how people spend a life and what kind of cycle you lived a life in.

I decided the deadline of 10 years and started to work in a Japanese company. It is because I thought that I could experience the society of my country deeply like how many people spend time in daily life.

And Last year, just 10 years ended, my body changed.

Suddenly, a lot of hair began to fall out one day, and many round patchiy hair spread to the whole head . I feel that my sense is broken in a tough busy social life, I think that I could not even notice that there is stress.. It was the moment when I embodied the thing which I could not visualize called the stress. I recognized that what my body caused was very natural, and it was just same as hypermetabolism.

I glow myself by black light and feel the work process is like the action of a beautiful creature to tell about existence in the dark sea .



昆虫が幼虫期の間で生活様式の変化に合わせて形状が著しく変態することを過変態 (Hypermetaboly, hypermetamorphosis) という。

29才の頃、わたしは日本での社会経験が全くありませんでした。人々がどのように日常を暮らし、どのようなサイクルで生活を送っているのか知りたい・体験したいと思うようになりました。10年間という期限を設けて、わたしは一般企業で働く事を決めました。

ちょうど10年が経つ頃に、わたしの身体に変化が現れました。

ある日突然、髪の毛が抜け始め、頭部の全体へ広がりました。忙しい社会生活の中で、ストレスがあったことにすら気づく事ができませんでした。
ストレスという視覚化できない物を具現化した瞬間でした。わたしの身体が起こした事はとても自然で生き物の過変態のようなものだと認識しました。

変身した姿をブラックライトを使い浮き上がらせる作業は、暗い海で自ら発光し、存在を知らす美しい生き物の行動のように感じるのです。

success suspense

video installation / 2006


The suspense drama is an imaginary event in TV.
However, a miserable case and a cruel disaster spread in the everyday news.
I think that it cannot be to the real picture which is possible in some country as for the imaginary event in TV every day at some place.
When I watched the news of a major earthquake generated in Hyogo, Japan, it was like the movie, and the surprise did not get impatient.
However, in the present age when the digitization advanced, it was the moment when I realized that such an athymia was dangerous.

By reality and a fictional vague boundary line, I really embodied by playing criminal, doing it all the time by oneself.

It is the video work which recorded all the states that a criminal evades on the run.
サスペンスドラマは、テレビの中での架空の出来事です。
しかし、毎日のニュースの中では悲惨な事件や残酷な災害が流れています。
テレビの中の架空の出来事は日々どこかの場所でどこかの国で起こりえるリアルな映像になりえないと私は思います。
日本の兵庫県で起きた大地震のニュースを見た時、映画のようで驚きも焦りもしませんでした。
しかしデジタル化の進む現代で、こういった無感情が危険であると悟った瞬間でした。

リアリティとフィクションの曖昧な境界線を、実際に自分自身で犯罪の終始を演じる事で体現しました。

犯人が走って逃げる様子をすべて記録した映像作品です。

invisible cat

video installation, drawing, photograph / 2005


In childhood, I met one kitten in a forest in accord with the back of the house.

It was fluffy wild and white cat which seemed to be broken.

I went to the forest with milk and food in secret every day from a house when a school was over.
One day It strongly poured and it did not stop raining until the evening when I got up in the morning.
I came home from a school and went to the forest hastily.
When I; arrived at the forest and opened the door of the house of the kitten which I made with cardboard, it became cold there, and there was the kitten which became stiff.
When I felt eyes from somewhere and looked around it, mother cat watched it from the far-off place.
It was the moment when I felt that death, the animal of the creature which I experienced for the first time had a heart very much.

I had an opportunity of the stay as an artist residence in antioch college the united states in 2005.
I came across the stuffed toy of a white cat in the thrift shop where I dropped in at accidentally.
The memory of that cat revived.
When I met a stuffed toy in a thrift shop, a wedding dress was sold in the neighbor. A sense of guilt overflowed when I imagined without a kitten being in love and did not stop.

I expressed the complicated feelings that I put away in memory as a work.
子供の頃に、家の裏にあった森の中で1匹の子猫と出会いました。

白くてふわふわしていて、壊れてしまいそうな野良猫でした。

毎日学校が終わるとこっそりと家から牛乳と食べ物をもって森へ出かけました。
ある日、朝起きると雨が強く降っていて、夕方まで降り止みませんでした。
学校から帰宅し、急いで森へ向かいました。
森に着き、ダンボールで作った子猫の家の扉を開けると、そこには冷たくなって硬直した子猫がいました。
どこからか視線を感じて見渡すと、親猫が少し遠いところから見ていました。
はじめて体験した生き物の死・動物が心を持っている事をとても感じた瞬間でした。

2005年にアメリカのアンティオーク大学にて滞在制作の機会を頂きました。
偶然に立ち寄ったリサイクルショップで白い猫のぬいぐるみに出会いました。
あの猫の記憶が蘇りました。
リサイクルショップでぬいぐるみと出会った時、隣にはウエディングドレスが売っていました。
子猫が恋をすることもなく亡くなったことを想像すると罪悪感が溢れて止まりませんでした。

記憶の中にしまい込んでいた複雑な感情を作品として表現しました。